新谷 洋人

しんたに ひろひと
  • 准教授、博士(工学)
  • 担当科目:
    • 1年 情報リテラシー
    • 2年 プログラミングⅠ
    • 4年 電子通信工学実験II
    • 4年 応用プログラミング
    • 5年 卒業研究
    • 専攻科 特別研究
  • 研究内容
      • ニューラルネットワークの認識機構に関する研究

    生体の神経細胞の情報処理を模倣して、計算機上でシミュレーションするシステムとしてニューラルネットワークと呼ばれるものがあり、数多くの研究がなされています。このシステムを応用した製品には株価予想やロボット制御などがありますが、本当にこちらが求めるように動作するのかどうかがわからなかったり、誤認識の可能性を常にはらんでいるという問題点があるため、その情報処理機構を解析する事が重要になります。

    具体的には、通常はテスト入力パターンを複数用意してその時の実際の出力と、こちらが期待している理想的な出力を比較するといった入力→出力の「順方向」の解析が行われていますが、逆に出力が最も理想的な場合の入力の形を調べるといった出力→入力の「逆方向」の解析を行っています。

  • その他のトピックス